広島・野村が離脱危機「コンディション不良」で2回33球降板

広島・野村が離脱危機「コンディション不良」で2回33球降板
拡大する(全1枚)
2回33球で交代した野村

 チームの苦境にさらなる追い打ちとなりそうだ。広島の野村祐輔投手(31)が15日の巨人戦(東京ドーム)に先発したが、2回を33球で降板。3回無死一塁で打席が回ると、代打・上本が送られた。2回1失点での降板に球場はざわついた。

 試合後に松原チーフトレーナーは「コンディション不良があったので、降板しています」と話し、病院にも行く予定だと明かした。先発ローテーションは既に開幕投手を務めたエースの大瀬良が右ヒジ手術で今季は絶望的とみられており、野村が離脱すればチームにとって一層厳しい状況となりそうだ。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク