【秋華賞・後記】無敗3冠デアリングタクト 無敵ロードはまだ始まったばかり

【秋華賞・後記】無敗3冠デアリングタクト 無敵ロードはまだ始まったばかり
やったぜ!!松山=デアリングタクト
       

 史上初となる無敗の牝馬3冠馬誕生――。18日、京都競馬場で行われた第25回秋華賞(芝内2000メートル)は、桜花賞オークスを無敗で制したデアリングタクト(杉山晴)が向正面から徐々に外を押し上げて、直線は力でねじ伏せる圧巻の勝利。オークスから5か月ぶりの実戦で一段とパワーアップした姿を披露した。3冠最終戦を振り返り、今度への課題、大いなる可能性を探っていく。

 限定的とはいえファンの入場が再開されたこともあったのか、パドックではイレ込んでオークス時よりも発汗が目立ったデアリングタクト。地下馬道を通る際でもかなりの高ぶりでなかなか気持ちが静まらない姿に「大丈夫なのか?」と思ったファンも多かったはず。

 杉山晴調教師も「装鞍所からパドックまでは春と同じ雰囲気だったけど、それ以降はオークスの時よりもテンションが高くなって心配だった」と振り返ったくらい。レース前は不穏なムードも漂ったが「オークスの時と同じように返し馬を一番最後にしたら、だいぶ落ち着きを取り戻していたのでこれなら大丈夫と思った」。馬場に出てからようやくスイッチオフ。この瞬間、一切の不安が消えた。

「ゲートでガタつくところはあったけど、何とかこらえて出てくれました。内回りということもあって勝ちに行ける位置から競馬をしたいと思っていましたから。4角で手前を替えた時に脚を取られたけど、立て直してからはいい姿勢で走ってくれました。重圧はありましたが、馬を信じて乗るだけと思っていたので」とは鞍上の松山。パドック時に感じた危機を乗り越えたことで、パートナーの能力をしっかりと引き出すことができた。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「秋華賞 + 追い切り」のおすすめ記事

「秋華賞 + 追い切り」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「スプリンターズステークス」のニュース

次に読みたい関連記事「スプリンターズステークス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エリザベス女王杯」のニュース

次に読みたい関連記事「エリザベス女王杯」のニュースをもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月19日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 秋華賞 追い切り

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。