武藤敬司 1年前に異例の「N―1」出場を表明

武藤敬司 1年前に異例の「N―1」出場を表明
武藤は新たな目標に向けて気合十分だ
       

プロレスリングマスター”こと武藤敬司(57)が、来年のノア「N―1 VICTORY」出場を目標に掲げた。シングルのリーグ戦は12年ぶりとなるが、大ベテランが1年前から挑戦を口にするのは異例のこと。その裏には、あのレジェンドからの“不吉な予告”があった…。

 ノアマットで武藤は、丸藤正道(41)と結成した「エムズアライアンス」の一員として活動する。ユニットでのベルト独占を掲げており、自らも久々の戴冠を目指している。そんな中、もう一つの目標として「来年のN―1へのエントリーを目指そうと思ってるんだよ」と明かす。

 今年のN―1は中嶋勝彦(32)の優勝で11日に閉幕したばかり。気の早い話だが、実現すれば2009年の全日本プロレス「チャンピオン・カーニバル」以来のシングルリーグ戦出場となる。ただし武藤にとってはベルト奪取よりはるかに困難な挑戦といえるだろう。

 今年のN―1は12選手がA、Bブロックに分かれて総当たりのリーグ戦を行い、両ブロックの得点1位同士による優勝決定戦が行われた。つまり優勝には約3週間で6試合のシングルを戦う必要がある。年齢や18年3月に両ヒザの人工関節置換術を受けたことを考えれば、時間をかけてコンディションをつくらなくてはならない。

「リーグ戦のしんどさはチャンピオンシップのしんどさと違うわけで。何日にもわたる持久戦でまた難しさが違うんだよ」と厳しいことは百も承知。それでも目指すのは、“格闘王”こと前田日明氏(61)の言葉がきっかけだった。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「レスリング」に関する記事

「レスリング」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「レスリング」の記事

次に読みたい「レスリング」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月29日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. レスリング パワハラ
  2. レスリング 女子

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。