清春デビュー25周年で自叙伝 今後の目標は「僕は1回も捕まってないんですけど…」

清春デビュー25周年で自叙伝 今後の目標は「僕は1回も捕まってないんですけど…」
自叙伝発売記念記者会見を行った、清春
       

 アーティストの清春(52)が30日、東京・新宿区の京王プラザホテルで自叙伝「清春」発売記念記者会見を行った。

 デビュー25周年経った清春が自身の誕生日に、初めての自叙伝を刊行した。

 清春は「1年ぐらい前から作ってあったけど、コロナで出版が延期になっちゃって。僕の初の自叙伝になります」とあいさつ。自叙伝には子供のころの写真や家族との写真も公開されている。

 バンド「黒夢」でスターダムに駆けあがり、その後バンド「SADS(サッズ)」を経て、ソロになった。デビューは黒夢とサッズとソロで3回している。自分でも(3回に分かれていると)覚えやすいですね」と振り返る。

 このコロナ禍でライブ活動も自粛を余儀なくされた。収容人数がフルになるまではやらないと決めているので。うちにずっといましたね。ワイドショーもずっと見てました」。

 アーティスト生活を振り返ると「自分でマネジメント会社を作って、自分で考えてやっていくというスタイルだったんですけど、デビューする時にお金のある所にあえて、行かなかったことが良かったな、と。行ってたら、文句とかガンガン言って、干されていたと思いますね」とロックな生き方を貫いたことが今につながっているという。

 自叙伝を書くにあたっては、なんとウィキペディアを参考にしたという。ライブ会場とかの記録は正確でしたね。でも、性格とかそういう記述は違ってて、ひそかに訂正しようかなとも思いました」と笑わせる。


 まだ達成していない事を聞かれると「海外のロックミュージシャンって1回捕まってるじゃないですか。僕は1回も捕まってないんですけど、そういうことがあったら、キャリアとして書けるじゃないですか」とシニカルジョークも忘れない。

 自身の哲学について聞かれると「〝個〟であること。〝個〟の美学です」。最後には「こういうタイプのミュージシャンもいて、世の中に広まったらと思ってます。自分の思っていることを現実に近づけること。それが大きな数を勝ち取るよりも良いということがあると思います」と語った。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月30日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。