【江戸川ボート・ヴィーナスS】小芦るり華「回り足はかなりいい」オール3連対で得点率2位

【江戸川ボート・ヴィーナスS】小芦るり華「回り足はかなりいい」オール3連対で得点率2位
速攻封印中ながら着を確保している小芦るり華
       

 ボートレース江戸川の「ヴィーナスS・Yes!高須クリニック杯」は7日、予選3日目を終了。8日は予選ラストの4日目を迎え、5日目の準優勝戦に勝ち上がる12人が決定する。

 ここまで得点率トップは浜田亜理沙(埼玉=32)。初戦の初日12R選抜戦で5着とした後は2、1、2着と安定感のある走り。フライング休み明けながら今節終了後にも60日のフライング休みが待つ特殊な状況下で、結果を残すハートの強さを発揮している。「足は悪くない。ターン回りがいいですね。あとは伸びが少し欲しいぐらい」と仕上がりも良好で、3、6号艇の予選ラスト2走も着をまとめて準優好枠を確保しそうだ。

 浜田とトップを争う上位陣の中で注目したいのは原田佑実(大阪=33)、深川麻奈美(福岡=33)、田口節子(岡山=39)ら実力者を抑えて2位につけている小芦るり華(佐賀=23)だ。

 3日目前半4Rのイン戦は一度は高田綾(福岡=35)に差しを許すが、2Mで差し返す逆転勝利(決まり手=抜き)。後半10Rは3コースから好さばきを見せて3着とし、ここまで2、3、1、1、3着のオール3連対をキープしている。

「4Rの1Mで差されたのは自分のミス。2Mはいいターンができましたね。10Rは乗り心地も良くて、ターンで押す感じもありました。回り足はかなりいい。この状態をキープしたい」と、エンジンの仕上がりは良好だ。

 今節終了後、60日のフライング休みに入るため「隠れF2なので早いスタートは行けません。見え方は大丈夫だし、本当は思い切って握りたいんですけど…」と本来の武器である速攻は封印している。それでも「ここまでは上出来。江戸川向きの仕上がりだし、冷静に走りたい」と、後半戦も普段とは違うスタイルで好レースを披露してくれるはずだ。

 小芦は1997年9月9日生まれ。2016年5月にからつで佐賀支部118期生としてデビュー。直後から0台のスタートを連発して話題となるが「調子に乗り過ぎて」(本人談)、デビュー期にフライングを3回切りF3となってしまう。180日間のフライング休みなどで出世が遅れたが、20年後期適用勝率は自己ベストの5・10をマーク。今後が楽しみな佐賀のホープだ。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ボートレース」に関する記事

「ボートレース」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ボートレース」の記事

次に読みたい「ボートレース」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月7日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。