「紅白落選」AKBに秋元康氏が託した〝金言〟

「紅白落選」AKBに秋元康氏が託した〝金言〟
拡大する(全1枚)
AKBの原点は秋葉原のAKB48劇場

 NHKが大みそかに放送する「第71回紅白歌合戦」で、昨年まで11年連続出場中だった人気アイドルグループ「AKB48」がまさかの落選となった。乃木坂46ら坂道3グループが出場を決めただけに、「時代か…」と悲しむ声も。しかし取材を進めると、意外なほどグループに悲壮感はない。それには秋元康総合プロデューサー(62)が託した〝金言〟も関係している――。

 昨年まで11年連続、通算12回出場していたAKB48が落選した。一時期は姉妹グループのSKE48、NMB48らAKBグループが多く出場していたこともあり、ネット上では「時代か…」「AKBが紅白に落選する時が来たか」など、驚きの声が次々に寄せられた。

 ファンに〝時代〟を色濃く感じさせたのは、「公式ライバル」という肩書きで誕生した乃木坂46(6回目)をはじめ、櫻坂46(初出場)、日向坂46(2回目)とすべての坂道グループが出場を決めたこともある。

 AKBが今年発売したシングルは、3月の57枚目「失恋、ありがとう」のみだが、オリコン週間ランキングで初週116・7万枚を売り上げ、前人未踏の38作連続のミリオンを達成した。

 しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響は〝会いに行けるアイドル〟を掲げる同グループの逆風となった。劇場公演や握手会などファンと触れ合う機会を失ったことは大きく、AKB関係者も「緊急事態宣言以降、目立った活動ができませんでしたから。リリースも1枚ですし、致し方ない」と言う。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「紅白歌合戦」に関する記事

「紅白歌合戦」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「紅白歌合戦」の記事

次に読みたい「紅白歌合戦」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク