【日本一早い!2021センバツ出場32校大予想】ラガーさん「連合の富山北部・水橋が21世紀枠のダークホース」

【日本一早い!2021センバツ出場32校大予想】ラガーさん「連合の富山北部・水橋が21世紀枠のダークホース」
拡大する(全1枚)
ラガーさん

 コロナ禍が再々拡大の様相を呈する中、2021年のセンバツは果たしてどうなるのか。今年は春夏甲子園が史上初の中止。さらには秋の神宮大会も中止となった。例年1校が与えられる「神宮枠」の行方は不透明とはいえ、来春センバツ出場の参考となる全試合が終了し、各地方高野連による46校の21世紀枠推薦校も出揃った。2年ぶりの大会開催を願いつつ、今年も「甲子園のラガーさん」こと善養寺隆一氏(54)と本紙記者が、一般出場枠から21世紀枠に至るまで全32校の完全予想を紙上で繰り広げた。

 記者:今年もよろしくお願いします。まずは一般枠から。北海道1枠は北海、東北2枠は仙台育英(宮城)、柴田(宮城)で決まりですかね。

 善養寺氏(以下、ラガー):そうだね。このあたりは順当に決まるはず。柴田は東北大会決勝で仙台育英に1―18と大敗したけれど準V。エースの谷木亮太(2年)が決勝で1週間500球以内の球数制限にかかってしまい、わずか19球しか投げられなかったことも大敗した理由の一つだから悪い印象にはならない。

 記者:柴田は東北地区全体での一般候補に加え、21世紀枠でも宮城高野連から選出され〝ダブル候補〟になっています。やっぱり悩みどころは6枠ある関東・東京でしょうか。

 ラガー:そうそう。これは毎年、悩みの種だよ。関東は大会Vの健大高崎(群馬)、準Vの常総学院(茨城)、ベスト4の東海大甲府(山梨)、専大松戸(千葉)の4校は当確。東京大会で優勝した東海大菅生も確定だ。問題は東京か、関東かの〝比較1枠〟とされている6枠目だけど、これは日大三(東京)かな。決勝はスコアだけ見ると1―6で菅生に抑え込まれた感もあるとはいえ、実際のところ7回に4点を入れられるまでは接戦だったからね。そこは評価されるべき。得点力不足は気になるものの守備力がいいチームだよ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「甲子園」に関する記事

「甲子園」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「甲子園」の記事

次に読みたい「甲子園」の記事をもっと見る

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク