巨人を熱くする屈辱的シリーズ下馬評 〝反骨の男〟原監督の本音は…

巨人を熱くする屈辱的シリーズ下馬評 〝反骨の男〟原監督の本音は…
日本シリーズを前に会見した巨人・原監督(代表撮影)

 今年の日本シリーズがいよいよ21日に京セラドームで開幕。日本一に輝くのは、パ・リーグを3年ぶりに制して4年連続日本一を狙うソフトバンクなのか、それともセ・リーグ2連覇の巨人か。下馬評では一方的な展開も予想されている中、劣勢とみられている原監督の心中は…。

 令和の大逆転なるか。巨人は20日に京セラドームで最終調整を行い、出撃態勢を整えた。今季のセ・リーグではCS開催が見送られ、チームは18日から大阪入りし、シート打撃などで実戦感覚を保ってきた。

 すべての準備を終えた原辰徳監督(62)は「チームそのものは昨年より進化している。いろんな意味で準備というものは昨年に比べるとできていると思います。我々の野球をしっかりできるかというところが最も重要だと思っています」と力を込めた。

 シーズン終盤こそやや失速したが、コロナ禍でもライバル球団を圧倒してリーグ連覇を達成。ただ、2連覇しても下馬評ではソフトバンクが圧倒的に優勢だ。主な理由は全体的な戦力の厚みの違い。短期決戦にもめっぽう強く、日本シリーズは8連勝中で4年連続の日本一に手をかけている。

 さらに今シリーズがDH制となったことで、相手は全試合で普段通りに試合に臨むことができる。また、巨人としては8年連続で日本一から遠ざかると球団のワースト記録となってしまう。不名誉な記録を阻止するには王者を倒すしかない。さらには昨今指摘されるセパの実力差を覆すセ代表としての使命…。さまざまな重圧とも戦いながらの頂上決戦となる。


当時の記事を読む

原辰徳のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「原辰徳」に関する記事

「原辰徳」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「原辰徳」の記事

次に読みたい「原辰徳」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月21日の野球記事

キーワード一覧

  1. 原辰徳 監督

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。