【RIZIN】朝倉未来、敗れる! 斎藤裕がフェザー級ベルト奪取の〝特大インパクト〟

【RIZIN】朝倉未来、敗れる! 斎藤裕がフェザー級ベルト奪取の〝特大インパクト〟
勝利し手を挙げる斉藤㊧とがっくりの朝倉未来
       

 格闘技イベント「RIZIN.25」(21日、大阪城ホール)で、初代王者を決めるフェザー級タイトルマッチが行われ、激闘の末に修斗世界フェザー級王者の斎藤裕(33)が朝倉未来(28)を撃破し、初代王者に輝いた。

 1Rは緊張感漂う静かな立ち上がり。序盤朝倉未の蹴りに対し、斎藤はパンチ中心で攻め込んだ。朝倉未の蹴りがローブローになって約5分の中断をはさんだが、それでもダメージを引きずらず打撃で真っ向勝負だ。

 すると2Rからギアを上げた斎藤が攻め込む。パンチ、ハイキックで朝倉未の顔面をとらえるとタックルも敢行。テークダウンはならなかったが、徐々に試合のペースを握った。

 最終3Rは朝倉未のパンチでグラつく場面もあったが、それでも下がらず逆にパンチのラッシュで反撃した。さらに豪快なタックルで完ぺきなテークダウンを決めるなど試合を支配して、文句なしの判定勝ちをもぎとった。

 試合後、鮮血で顔を赤くしながらマイクを持った斎藤は「対戦してくれた朝倉未来選手、ありがとうございました。このリングで戦い続ければやることもあるかもしれないので、その時またお願いします」と相手に感謝の言葉。

 さらに涙ながらに「いつも変わらず応援してくれる皆様、ありがとうございます。これからもっともっと試合をして実力を証明していきたいと思います」と話した。

 試合後には本紙でも既報していた今季限りで引退した元プロ野球阪神投手の藤川球児氏(40)がプレゼンターで登場。斎藤は藤川氏からベルトを巻かれた。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月21日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。