追悼・木内幸男さん KKを倒した男が明かした〝マジック〟の真実

追悼・木内幸男さん KKを倒した男が明かした〝マジック〟の真実
第66回高校野球選手権大会決勝でPL学園を破って優勝の取手二高ナインに胴上げされる木内幸男監督
       

 高校野球で茨城の取手二、常総学院の監督として春1度、夏2度の甲子園大会優勝を成し遂げた木内幸男さんが24日午後7時5分、肺がんのため茨城県取手市の病院で死去した。89歳。甲子園では数々の名勝負を繰り広げたが、その中でもいまだに語り継がれるのが、1984年夏の甲子園決勝「取手二―PL学園戦」。桑田、清原の「KKコンビ」を擁するPL学園に、夏の選手権大会で唯一黒星をつけた試合だ。本紙はその試合で捕手を務め、決勝の舞台でダメ押しの3ランを放った中島彰一氏に2017年1月インタビュー。〝マジック〟が冴え渡ったあの日をもう一度振り返る。

「木内マジックと、よく言われますが、木内さんほどオーソドックスな野球をする人を僕は知らない。人間掌握術にはたけていましたが、采配に関しては本当に当たり前のことしかしない人だったんですよ」

 木内マジックが広く世間に知られたのはPL学園との決勝9回裏、一打サヨナラの場面でのワンポイントリリーフ。だが、その伏線は決勝から2か月前、PL学園との練習試合にまでさかのぼる。その年の春、関東大会初戦で接戦の末敗れた取手二ナインは、木内監督に「頭を冷やせ」と1週間の休養を与えられた。練習から解放され大喜びのナインだったが、休み明けに指揮官から思いもよらぬ言葉があった。

「『俺はレギュラーには休みをやったが、補欠も休んでいいとはひと言も言ってない。補欠は全員今すぐ辞めろ』と。全員頭にきて、今度は1週間のボイコットですよ。最初の1週間はあんなに楽しかったのに、次の1週間は散々。それまでいいチームだと思ってたのに、気づいたらバラバラの状態になっていました」


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月25日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。