Snow Man・向井 禁断?タッキーいじり「初監督にしてはできていました」

Snow Man・向井 禁断?タッキーいじり「初監督にしてはできていました」
拡大する(全1枚)
紋付き袴姿で登場したSnow Man

 ジャニーズの9人組アイドルグループ「Snow Man」が24日、東京・国立新美術館で行われた主演映画「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」(来月4日公開)の完成披露イベントに出席した。

 故・ジャニー喜多川氏が企画・構成・総合演出を務め、2006年から上演されてきた舞台「滝沢歌舞伎」は、昨年「滝沢歌舞伎 ZERO」として滝沢秀明が演出を手掛け、Snow Manが主演を担当。同作は、舞台初の映画化となる。

 メンバー9人は紋付き袴姿で登場。コロナ禍の影響により、当初の舞台公演から一転、映画としての製作が決まったことについて、リーダーの岩本照(27)は「純粋に映画になるんだとうれしかったです。舞台を楽しみに待ってくれているファンに悲しい思いをさせるだけでは終わらせない。映画ではどう届けられるんだろうとワクワクしました」と話せば、深澤辰哉(28)は「舞台が中止になったのは悲しかったです。でも、映画になることにより多くの人に見ていただける。この映画は沢山の人に笑顔や勇気を与えられる作品になっています」と続けた。

 初メガホンとなった滝沢監督について、ラウール(17)は「舞台では演出をやっていらっしゃって、今回は監督で。周りのスタッフさんと連携を取っていました」と話すと、向井康二(26)は「監督は自由に伸び伸びとやらせてくれましたね。ちゃんとコミュニケーションも取れていて、初めての監督にしてはちゃんとできていましたね!(笑い)」と冗談交じりにコメント。これには他のメンバーも「どこ目線だ!」とツッコんだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ジャニーズ」に関する記事

「ジャニーズ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ジャニーズ」の記事

次に読みたい「ジャニーズ」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク