太田忍に続いて…レスリング全日本王者・原口伸が総合格闘技に転向! 宮田和幸氏の内弟子に

太田忍に続いて…レスリング全日本王者・原口伸が総合格闘技に転向! 宮田和幸氏の内弟子に
MMAに転向する原口伸(中)。右は宮田和幸、左は兄の央
       

 レスリング界からまた一人注目選手の登場だ。2019年全日本選手権男子フリー70キロ級王者の原口伸(21=国士舘大)が、総合格闘技(MMA)に転向することが本紙の取材で分かった。2000年シドニー五輪フリー63キロ級代表で、総合格闘技で活躍した宮田和幸氏(44)が主宰する「BRAVE」で内弟子となった。レスリングバックボーンの師匠のもと、夢の大舞台を目指す。

 本紙既報通り、大みそか決戦「RIZIN.26」(さいたまスーパーアリーナ)に2016年リオ五輪男子グレコローマン59キロ級銀メダルの太田忍(26)の出場が発表されたばかりのレスリング界。現役世界王者の太田に続き、今度は現役全日本王者の原口がMMAに挑戦だ。「ずっと憧れていました。いけるところまでやりきりたい。RIZINや、UFCを目指したい」と意気込んだ。

 父が自宅の車庫を改造してつくった道場で小3からレスリングを始めた。強豪・国士舘大に進学。昨年の全日本選手権を制し、今年の世界選手権出場のチャンスもつかんだ。来年3月の大学卒業後も競技を続ける道もあったが、大学1年時に兄の央(25)らと「RIZIN」を観戦した時の衝撃を、忘れることができなかった。

「ビビッときました。堀口恭司選手や北岡悟選手たちの試合を見て、あの舞台に自分も立ちたいと。小さいころからジャッキー・チェンやブルース・リーなどの格闘映画が大好きで、一人でマネしていた。組み合うだけではなく殴る蹴るのほうにずっと憧れていた」。新型コロナウイルス感染拡大の影響で今年の世界選手権は中止となったが、未練はなく、いち早くプロの修行を積むことを選択した。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「レスリング」に関する記事

「レスリング」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「レスリング」の記事

次に読みたい「レスリング」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月25日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. レスリング パワハラ
  2. レスリング 女子

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。