がん闘病中AV男優・沢木和也に支援広がる 自叙伝クラウドファンディング締め切り30日

がん闘病中AV男優・沢木和也に支援広がる 自叙伝クラウドファンディング締め切り30日
闘病中の沢木は自叙伝出版に意欲を見せた
       

 1990年代のレンタルAV全盛期からAV男優として活躍してきた沢木和也(53)へ関係者やファンから支援が集まっている。

 沢木は今年4月、食道・咽頭がんをツイッターで告白。妻と中学3年の息子を抱え、治療を行っている。沢木の告白に関係者が支援に立ち上がり、Tシャツやマスクの販売、自叙伝出版に向けたクラウドファンディングが進行中だ。

 全盛期には「ナンパの帝王」と呼ばれ、自身の名を冠した作品を世に送り出してきた沢木。支援に感謝しつつ、これからを人生の「終活」ととらえ、素直にこう話す。

「一番忙しかった頃は、監督料も含めて年収は2000万円くらいあったんだけど、全然手元に残す事を考えていなかった。あればあるだけ使ってしまったし、金がなかったら女性に出してもらうなんて好き放題な生活を続けていた。この歳になって病魔におかされて、こんなに金が必要になるなんて思ってもいなかった」

 がんは骨盤や肺にも転移がみられ、言葉がうまく発せず、同じ体勢で座り続けることができない。それでも前向きに闘病する意向だ。

「人生の最後がガンで良かったなと思っている。脳疾患に比べると、がんは弱ってはいくけど意識は持ち続けられるし、しばらくは動ける。何か遺すチャンスが与えられる。人生を人間として締めくくれる。どうしようもない親父で息子に財産もロクに遺せていないけど、残りの命を上手に使えば、今からでも何か作ってやれる。そういう率直な気持ちをSNSで漏らしたら、意外な人達まで手弁当で協力してくれている」(沢木)


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月26日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。