緊急検証!セはパに勝てないのか 伊原春樹氏「孫正義オーナーには人一倍の情熱がある」

緊急検証!セはパに勝てないのか 伊原春樹氏「孫正義オーナーには人一倍の情熱がある」
日本シリーズを制した鷹ナインの中央で笑顔の孫オーナー
       

 今年の日本シリーズもソフトバンクが4勝0敗と巨人を蹴散らした。最強王者は盤石ぶりを見せつけ、球界の盟主はなす術なく2年連続の屈辱を味わった。パ・リーグが8年連続で日本シリーズを制し、これでは巨人に辛酸をなめさせられたセ・リーグの各球団も浮かばれない。リーグの実力差はそんなにもあるのか…。緊急検証の第2回では本紙専属評論家・伊原春樹氏が要因の1つに「オーナーの熱量の差」を挙げた。

【巨人惨敗 セはパに勝てないのか②:伊原春樹】今年の日本シリーズも大方の予想通り、ソフトバンクが巨人を圧倒して4年連続日本一となった。選手層の厚さ、個々の能力はヨソと桁違いで、そこにはもちろんスカウティングや育成面の良さもあるだろう。

 私が見ていて感じたのはオーナーの情熱だ。どの球団のオーナーも熱い思いをお持ちだろうが、思えば巨人V9時代の正力亨オーナー、西武黄金期の堤義明オーナーには人一倍の情熱があった。ソフトバンクの孫正義オーナーもそうだ。「何としても日本一になる」という球団の指針を打ち出し、キャンプからそこを目指して突き進む。フロントと現場が一丸となって日本一、世界一へと頑張っている。

 オーナーにもタイプがあって「カネも口も出す」「口は出すが、カネは出さない」など様々だが、強いチームを作り上げたオーナーは総じて「カネは出すけど口は出さない」タイプだ。豊富な資金力でいい選手を獲得し、あとは現場を信頼して預ける。ユニホーム組としてはこれほどやりやすい環境はなく、試合に集中できる。どことは言わないが、オーナー自ら「こうしなさい」「あの選手を使いなさい」などと言えば、監督はどこを向いて野球をしているのかということになる。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月27日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。