マラドーナ氏死去で「明日から戦争」 莫大遺産めぐり親族10人以上が骨肉相続バトルへ

マラドーナ氏死去で「明日から戦争」 莫大遺産めぐり親族10人以上が骨肉相続バトルへ
収入も莫大だったマラドーナ氏
       

 英雄亡き後に待ち受けるドロ沼の争いとは――。サッカー界のスーパースターで元アルゼンチン代表FWのディエゴ・マラドーナ氏が25日に60歳で死去したことで、新たな〝火種〟が持ち上がっている。あまりにも早すぎる死に世界中に衝撃が走ったが、今後に注目されるのが莫大な遺産の行方。複雑な家族構成ゆえ、相続を主張する関係者が続出しそうな雲行きとなっている。


 マラドーナ氏は現役時代にスペイン1部バルセロナ、イタリア1部ナポリ、アルゼンチン1部ボカジュニアーズなどの強豪クラブを渡り歩き、高額な報酬を手にしてきた。引退後もアルゼンチン代表監督を務めたほか、2011年にはUAE1部アルワスルに年俸990万ポンド(約14億円)という破格の待遇で招かれるなどサッカーにおける収入だけでも100億円以上を荒稼ぎした。

 それ以外にもスポンサーや権利関係の副収入に加え、キューバのフィデル・カストロ議長やイタリアマフィア、ドバイの投資家などさまざまな〝タニマチ〟がいたとされ、莫大な資産を築いたとみられている。マラドーナ氏の突然の訃報を受け、遺産の行方にも注目が集まりそうだ。

 北中米や南米で展開するメディア「エルフットボレロ」米国版は「マラドーナの死後、億万長者の財産の相続人は誰か」と題して今後の遺産相続を巡る争いを予想した。「彼の死の前に遺産はすでに論争されていた」と同紙が指摘するように、その資産規模が大きすぎるがゆえに生前から金銭トラブルが頻発。15年には自身の預金口座から無断で約10億円を引き出されたとして前妻クラウディアさんを訴えている。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月27日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。