【フィギュアNHK杯】高橋大輔いよいよアイスダンス初陣! 渡辺心氏が挙げる〝要注目ポイント〟

【フィギュアNHK杯】高橋大輔いよいよアイスダンス初陣! 渡辺心氏が挙げる〝要注目ポイント〟
公式練習で演技を確認した村元哉中・高橋大輔組(代表撮影)
       

 今年からフィギュアスケートのアイスダンスに挑戦中の高橋大輔(34=関大KFSC)が、平昌五輪代表・村元哉中(27=同)との新コンビでグランプリ(GP)シリーズ最終戦、NHK杯(27~29日、大阪・東和薬品ラクタブドーム)で公式戦デビューを果たす。唯一無二の独創的な表現力を誇る高橋は、新種目でどんな世界観を見せてくれるのか。アイスダンスの全日本選手権4連覇(2003~06年)、06年トリノ五輪代表の渡辺心氏(49)に本紙が注目ポイントを聞いた。


 アイスダンスではパートナーの村元が大先輩。高橋はまだ〝ルーキー〟だが、シングル実績は2010年バンクーバー五輪で日本男子初の銅メダル、同年の世界選手権と12年GPファイナルで優勝、全日本選手権5度制覇など文句のつけようがない。NHK杯では全種目を通じて最も注目を集める存在だ。

 その新カップルは今年2月から米国を拠点に練習を開始。すでに氷上で息の合った滑りを見せている。これまでの練習動画を入念にチェックした渡辺氏は「かなり滑り込んでいるようで、組み始めたころより揃っていますね。やっぱり高橋選手はスケーティングはうまいし、しっかりしている。ただ、一体感はまだかなと感じますね」と話した。

 揃ってはいるが、一体感はない――。これはどういうことか。渡辺氏は「揃いはスケーティングの足元を見れば確認できますが、一体感っていうのはリードする男性が力で体を押すのではなく、まるで念力や気のパワーでスーッと押していく感じ。空気と一緒に動くように見えるんです。これは短期間ではなかなかできません。練習を重ねて、素晴らしくなるのはこれからでしょう」と説明する。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「【フィギュアNHK杯】高橋大輔いよいよアイスダンス初陣! 渡辺心氏が挙げる〝要注目ポイント〟」の みんなの反応 1
  • 淡水真珠 通報

    昔は伊藤みどりさん、つい最近までは浅田真央さんに一喜一憂してました。髙橋大輔さんじゃなくて今はアイスダンスの髙橋大輔選手として悔いが残らないように頑張って欲しいですねq(*・ω・*)pファイト!

    0
この記事にコメントする

もっと読む

「フィギュアスケート」に関する記事

「フィギュアスケート」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「フィギュアスケート」の記事

次に読みたい「フィギュアスケート」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月27日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。