【WWE】破壊集団唯一の女子選手・レコニングが追放危機 マスク剥ぎ取られ〝正体〟もバレた

【WWE】破壊集団唯一の女子選手・レコニングが追放危機 マスク剥ぎ取られ〝正体〟もバレた
レコニングは敗戦後、リーダーのアリ㊧に追放を示唆された(2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
       

【フロリダ州オーランド30日(日本時間1日)発】WWEのロウ大会が配信され、暗黒破壊集団「レトリビューション」のレコニングが、女子として初めて正式にリングに登場するも、ダナ・ブルック(32)に惨敗して破壊集団追放の危機に立たされた。

 レコニングは2週間前の大会でダナをバックステージで襲撃。負傷したダナは、11月23日「サバイバー・シリーズ」でのスマックダウンとの5対5女子全面対抗イリミネーション戦を欠場した。

 大一番への出陣を阻まれたダナは怒りの形相でいきなり殴りかかり、レコニングのマスクをはぎとってしまう。どうやら正体は元NXTのミア・イム(31)のようだ。

 ミアは長いリーチを生かした蹴りで対抗するも、もはや試合度外視のダナは、殴る蹴るのラフ攻撃に徹する。最後は強引な丸め込みで怨敵から3カウントを奪った。試合後は破壊集団のアリ(34)が飛び込んできて激怒。「我々に失敗は許されないのに、この結果は何なんだ? お前は分かっているのか?」と追放を示唆。勝者のダナは笑いながら「クビ」のポーズを取った。

 追放となればミア…いや、レコニングはロウ女子に加わるのか。ただでさえ強豪ぞろいのロウ女子に波乱が生じそうだ。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月1日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。