バルセロナがメッシ救済に動く!マラドーナ氏追悼は〝イエロー対象外〟

バルセロナがメッシ救済に動く!マラドーナ氏追悼は〝イエロー対象外〟
ユニホームを脱いでマラドーナ氏を追悼したメッシ(ロイター)
       

 スペイン1部バルセロナが、所属するアルゼンチン代表のエースFWリオネル・メッシ(33)の〝救済〟に乗り出す。

 メッシは国内リーグのオサスナ戦(11月29日)で、60歳で急死した母国の〝英雄〟マラドーナ氏を追悼するため、バルセロナのユニホームを脱ぎ、かつて所属していたアルゼンチン1部ニューウェルズのユニホームをアピール。しかし、これは禁止事項とあって、メッシはイエローカードを提示された。チームには最大3000ユーロ(約37万8000円)の罰金が科されることになった。

 ただ、スペイン紙「スポルト」は、バルセロナがメッシへの警告を取り除くため、申し立ての準備をしていると報道。2010年にMFホセ・ガジェホンが、前年に急死したチームメート、ダニエル・ハルケ氏の顔がプリントされたシャツを披露し、罰金と警告の処分を受けた。当時所属のエスパニョールは警告の除外を上告し、受け入れられたという。当時、控訴審は「この行為が例外であることを考慮し、政治的・宗教的なメッセージを発信する意図がないため、非難の対象にならない」と説明していた。

 その一方、同紙は「国際サッカー連盟(FIFA)は、これらの行為に断固とした姿勢をみせているとし「懲戒機関がどのような判断を下すのか」と今後の動向に注目。また、罰金に関しても、600ユーロ(約7万5000円)、もしくは半額の1500ユーロ(約18万9000円)になる可能性があるとした。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「メッシ」に関する記事

「メッシ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「メッシ」の記事

次に読みたい「メッシ」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月2日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. メッシ Instagram
  2. メッシ twitter
  3. メッシ アルゼンチン代表

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。