【欧州CL】ドルトムント 二十歳の新怪物欠場でドローも決勝T進出

【欧州CL】ドルトムント 二十歳の新怪物欠場でドローも決勝T進出
決勝T進出を決めたドルトムント(ロイター)
       

 欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ第5節が2日(日本時間3日)に行われ、F組ドルトムント(ドイツ)はラツィオ(イタリア)と1―1で引き分けた。勝ち点を10に伸ばし、最終節を待たずに決勝トーナメント進出を決めた。

 前節のクラブ・ブルージュ(ベルギー)戦で2得点し、得点ランキングトップに躍り出た〝新怪物〟FWエーリングブラウト・ハーランド(20)が負傷欠場。リュシアン・ファブレ監督(63)は試合直前に英スポーツテレビ局「スカイ・スポーツ」の取材に対し、ハーランドが太ももを故障したことを告白し「来年1月上旬までプレーできない。我々は彼をもっと休ませるべきだった」と語った。

 緊急事態となったチームはベテランMFマルコ・ロイス(31)を最前線に置く〝ゼロトップ〟の布陣でスタート。攻勢に出ながらなかなか得点できなかったが、前半44分にMFラファエル・ゲレイロ(26)が先制ゴールを奪った。

 後半は攻め手を欠き、20分にPKを決められるとその後も決定機をつくれずに終了。何とか勝ち点1を手にした。

 最終節は勝ち点9で2位のラツィオと、この日ゼニト(ロシア)に勝って同7の3位クラブ・ブリュージュの直接対決となるため、両チームに抜かれることがなくなったドルトムントが次のラウンドに駒を進めることになった。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「欧州サッカー」に関する記事

「欧州サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「欧州サッカー」の記事

次に読みたい「欧州サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月3日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。