ブラビで一世を風び 台湾で輝き続けるビビアン・スー45歳 美貌維持の秘訣は

ブラビで一世を風び 台湾で輝き続けるビビアン・スー45歳 美貌維持の秘訣は
日本で復帰会見を行ったビビアン(2010年)

【アツいアジアから旬ネタ直送 亜細亜スポーツ】45歳とは到底思えぬあどけなさとみずみずしさを保ち、台湾で大活躍なのがビビアン・スー。地元日刊紙・聯合報は「まるで防腐剤が入ってるかのよう」「時を凍らせている」と評するほどだ。

 エグゼクティブプロデューサーも務めた出演映画「孤味」(邦題・弱くて強い女たち)は、先月6日に公開されるや台湾全土で高い人気を呼び、同27日には興行収入1億台湾元(約3億7000万円)を突破。蔡英文総統が与党・民進党関係者を伴い、映画館を貸し切りで鑑賞したことでも話題になった。

 同作は、屋台を切り盛りし、娘3人を育て上げ、70歳の誕生日を迎えたシングルマザーが主人公。そんな老婆の元に、音信不通だった夫が他界したという知らせが届き、夫の晩年に寄り添った女性が現れ…という話。ビビアンは三姉妹の次女役を演じた。

 中華圏3大映画賞の一つで台湾最大の映画賞「金馬奨」で同作は6部門にノミネート。主役の陳淑芳(81)が最優秀主演女優賞に輝いた。先月の授賞式でビビアンはプレゼンターを務め、胸元が大きく開いたシースルードレス姿で華を添えた。

 ただ、受賞者発表をもったいぶって5分以上も引っ張り「ふざけすぎ」「権威ある賞や他の受賞者に失礼」などとネットで批判されるハメに。すぐに謝罪し取りなしたが、25日には鼻をほじって歯科医院に出掛ける姿を“台湾の東スポ”蘋果日報にパパラッチされた。1990年代後半、日本でバラドルとして人気だったころの天然ぶりは今も健在なようだ。


当時の記事を読む

ビビアン・スーのプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ビビアン・スー」に関する記事

「ビビアン・スー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ビビアン・スー」の記事

次に読みたい「ビビアン・スー」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月6日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。