【若松ボート・BBCトーナメント】上平真二「教科書通りのレース」大外から準々決勝進出!

【若松ボート・BBCトーナメント】上平真二「教科書通りのレース」大外から準々決勝進出!
会心の3着に〝高笑い〟の上平真二

 ボートレース若松のプレミアムGⅠ「第2回ボートレースバトルチャンピオントーナメント」は3日、初日が終了。4~11Rで1回戦8個レースが行われ、2日目(4日)の8~11Rで行われる準々決勝のメンバーが決定した。

 初日の1回戦は8レース中6レースがイン逃げ決着。11Rで峰竜太(佐賀=35)が3着に敗れる波乱もあったが、インコースが強い若松らしい決着となった。2日目準々決勝は田村隆信(徳島=42)、毒島誠(群馬=36)、吉川元浩(兵庫=48)、寺田祥(山口=42)が再び1号艇を確保。いずれも気配は良好で、そのまま準決勝まで駒を進めそうなムードだ。

 一方、2、3着争いは案の定、いずれも激しいバトルが展開され、外枠から上位に絡む選手も続出。中でも4R6号艇ながら3着に入り、〝下克上〟に成功した上平真二(広島=47)に注目したい。

 その4R、進入は全艇スローの大外6コース発進。スリットでやや後手に回り、1Mはやむなく最内へ。しかし2Mを見事にさばいて3番手に躍り出ると、道中はミスのないターンで後続の追撃を振り切った。大外からの準々決勝進出にレース後は思わずガッツポーズも飛び出した。

「6コースの教科書通りのレースができました」と自画自賛。しかしレース前は半信半疑な部分もあったようだ。

「前検日が乗りづらかったので、ペラを叩いていたんですが、いきなり4Rでしょ。全然時間がなくて実質ぶっつけだったけど、ブレーキがかかる感じがあって2Mもクルっと回れましたからね。蒲郡(チャレンジC)のときはそこがなかなか良くならなかった」と持ち前のターンテクを存分に発揮できる仕上がりになった様子。「道中でも追い付かれることはなかったし足自体も悪くない。欲を言えばきりがないけど、ここからさらに舟の返りが良くなれば」と調整の方向を見極めた。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ボートレース」に関する記事

「ボートレース」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ボートレース」の記事

次に読みたい「ボートレース」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月3日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。