ボビー・オロゴン被告「本当は日本語ペラペラ説」 初公判でついに決着

ボビー・オロゴン被告「本当は日本語ペラペラ説」 初公判でついに決着
さいたま地裁を後にするボビー・オロゴン被告
       

 妻の顔を指で突いたとして暴行罪に問われたタレントのボビー・オロゴン被告(54=本名・近田ボビー)が3日、さいたま地裁(一場修子裁判官)で開かれた初公判に出廷した。真っ白な民族衣装を身にまとったボビー被告は起訴内容を「イエス」と認めた。

 起訴状によると、今年5月16日、さいたま市浦和区の当時の自宅で、妻に「ボコボコにするから」と告げ、左の頬を右手の指先で突く暴行を加えたとしている。

 検察側は、ボビー被告が以前から妻や子供が自分に向ける態度に不満を持っていたことを指摘。法廷ではボビー被告が妻と言い争っている時の録音も証拠として流された。一方、弁護側は証拠の一部の信用性を問うとした。

 たどたどしい日本語とおちゃめなキャラクターで人気者となったボビー被告だが、その裏ではずっと「めちゃくちゃ日本語は堪能で、流ちょうに話せるらしい。たどたどしいのはキャラ作り」(芸能関係者)という噂が流れていた。

 法廷ではいよいよその姿が見られるかも?という期待感もあったが、細かい部分は通訳をつけてのやりとりとなった。日本語が堪能というのはやはり都市伝説だった!?

 この日は閉廷すると、報道陣に対応することなく裁判所を後にした。ボビー被告は裁判前日の2日には報道各社にファクスを送り「2020年5月16日に夫婦げんかになり本件暴行事件につながったのですが、当日のケンカを妻が録音しています。今になって思えば当日録音していたことや2020年2月から離婚の準備のため私の収入を調べたりしていることを考えると妻のトラップにはまってしまったのだと思いました」などと主張していた。

当時の記事を読む

ボビー・オロゴンのプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ボビー・オロゴン」に関する記事

「ボビー・オロゴン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ボビー・オロゴン」の記事

次に読みたい「ボビー・オロゴン」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月4日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。