【競泳日本選手権】入江陵介100背で7連覇 タイム53秒台に「少し心残りがある」

【競泳日本選手権】入江陵介100背で7連覇 タイム53秒台に「少し心残りがある」
レースを終え、タイムを確認する入江陵介
       

 競泳の日本選手権第2日(4日、東京アクアティクスセンター)、男子100メートル背泳ぎ決勝はロンドン五輪銅メダルで日本記録保持者の入江陵介(30=イトマン東進)が53秒04で7年連続9度目の優勝となった。レース後は「優勝できたことを喜びたい」としたものの「52秒台を目指していたので、少し心残りがある」と率直な感想を語った。

 1年延期となった東京五輪に向けて「まだまだ力不足を感じているのでしっかりと強化して、代表選考会が(来年)4月にここで行われると思うので最高の準備をして最高の泳ぎをしたい」と力を込めた。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「水泳」に関する記事

「水泳」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「水泳」の記事

次に読みたい「水泳」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月4日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 水泳 女子
  2. 水泳 萩野公介

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。