【プロレス蔵出し写真館】前田日明にパンツをずり下ろされ…マードックさんは千両役者だった!

【プロレス蔵出し写真館】前田日明にパンツをずり下ろされ…マードックさんは千両役者だった!
前田にトランクスをズリ下げられ半ケツになったマードック(1987年4月、静岡・焼津)
       

〝狂犬〟ディック・マードックは、新日本プロレスの常連外国人レスラーだった。

 本紙は今から35年前の1985年8月、米テキサス州キャニオンにあるマードックの自宅を訪問した。

 アマリロから車で1時間、5キロ四方は家が一軒もないという広大な場所だった(ここキャニオンにはテリー・ファンクも住んでいた)。

 月の半分はジャネット夫人の兄の農場で馬にまたがり牛を追う、まさにカウボーイだった。自宅にはホームバーもあり、カウボーイらしく6丁のライフルを所有していた。プライベートで帽子を愛用していたマードックは、野球帽を中心に集めているという自慢のコレクションを見せてくれた。

 当時、本紙で発行していた「ザ・プロレス」で特集した。

 さて、マードックは68年2月、21歳の時に日本プロレスに初来日(24歳のハーリー・レイスも一緒だった)。71年の来日時にはアントニオ猪木のUN王座に挑戦し、好勝負を展開し、次期NWA世界王者候補の片鱗を見せつけた。

 その後、ダスティ・ローデスとテキサス・アウトローズとして国際プロレスに来日(この時は初来日のリック・フレアーも一緒だった)、全日本プロレスの常連を経て、81年新日本へ移籍した。

 新日本でのマードックといえば格上、あるいは同等クラスの対戦相手とシングルマッチを行うと、場外乱闘からリングへ戻るときタイツをズリ下げられて半ケツを出したまま両者リングアウトで終わるというのが常だった。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「プロレス」に関する記事

「プロレス」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「プロレス」の記事

次に読みたい「プロレス」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月6日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。