【福岡国際マラソン】吉田祐也が初優勝 2度目のマラソンで日本歴代9位の快記録

【福岡国際マラソン】吉田祐也が初優勝 2度目のマラソンで日本歴代9位の快記録
優勝タイムと記念写真に納まる吉田祐也(代表撮影)

 福岡国際マラソンは6日、福岡市の平和台陸上競技場発着で行われ、2度目のマラソンだった青学大出身の吉田祐也(23=GMO)が、2時間7分5秒で初優勝した。東京五輪代表補欠の大塚祥平(26=九電工)が2位に入り、寺田夏生(29=JR東日本)が3位だった。

 新型コロナウイルスの影響で約9か月ぶりとなった国内主要大会で2024年パリ五輪へ向けた新星が現れた。2時間7分5秒は、日本歴代9位に並ぶ記録。吉田は「優勝と(2時間)6分台の目標を立てていたが、力を出し切ることで目一杯だった。(途中からの独走で)競り合いがなかった中での(2時間)7分5秒はよかった」と振り返った。

 吉田は、今春に卒業した青学大で第一線の競技人生から退くつもりだったが、1月の箱根駅伝後にエントリーした2月の別府大分毎日マラソンで初マラソンながら2時間8分30秒をマーク。日本人トップの3位と大健闘して社会人での競技続行を決断した。大手食品メーカー「ブルボン」の内定を辞退し、現所属のGMOインターネットグループに入社した。

 2度目のマラソンでもしっかり結果を出してその選択が正しさを証明。吉田は「五輪は一つの目標だが、世界と戦うためには絶対的なスピードなどがまだ足りない。これから練習でそういった部分を補っていきたい」と先を見据えた。所属の花田勝彦監督(49)も「4分台を出せると思っている。世界で戦える選手になれる」と期待を寄せた。

 このまま順調に成長してパリ五輪の出場をつかめるか。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月6日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。