寛平が第7世代にマラソン参加命令!ノルマは地球2周8万キロ

 お笑い芸人の間寛平(71)が7日、オンラインで自身が発起人を務める「フジパンPresents 淀川寛平マラソン2021オンライン」の開催発表会見を行った。

 今年の同マラソン大会は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止となったが、この大会は来年2月27日から3月7日までの9日間開催。拡大防止の観点から大会に関わるすべての人の安全面を考慮して、「いつでも・どこでも・好きな距離で楽しめる」〝オンラインマラソン大会〟とすることを発表した。

 寛平が08年にスタートし、世界一周を成し遂げた「間寛平アースマラソン」にちなんで、参加者全員で走行距離4万キロを目指す種目も用意。大会期間中は多数の芸人がランナーを務め、配信番組などで盛り上げる。

 また、この大会でも東日本大震災被災地支援及び新型コロナウイルス対策事業支援を行い、参加料の一部を支援金として寄付する。

 会見ではお笑い芸人の石田靖が司会を務め、たむらけんじミサイルマン西代洋福本愛菜も出席。石田が「みんなで地球1周、4万キロを走破!」と発表すると、寛平は「みんなで走ったら1周は絶対簡単やから、それやったら2周にしてよ! 8万キロ!」と提案。石田やスタッフが右往左往したが、寛平の主張が通り、地球2周に目標が再設定された。

 今年は開催できなかっただけに、寛平の意気込みは相当で「今年できなくて悔しいこといっぱい。それをぶちまけようと思って。僕もめっちゃ走ります。(期間中は)毎日10、20キロくらい走るよ。この中で一番走ると思うで。今年悔しかったから、来年かけてる」と意気込んだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク