【藤井康雄連載コラム】小久保の引退試合でまさかのノーヒットノーランを喫す

【藤井康雄「勇者の魂」(32)】ソフトバンクの一軍打撃コーチになって1年目の2011年、チームは2位に17・5ゲーム差をつけて優勝。日本シリーズ落合博満監督率いる中日と対戦しました。震災があって日程が遅くなったけど、楽しかったですね。シーズンもそうだし、CS、日本シリーズといい緊張感の中で最後まで試合ができた。外弁慶な展開になって4勝3敗で日本一。日本シリーズの舞台なんて1996年以来だし、なおかつ日本一になったから幸せでしたよねえ(笑い)。

 移籍して環境、生活、チーム事情とオリックスと違うものをいろいろ見れた。強さの秘密がわかったというか、すべてにおいて「現場ファースト」。年俸の上がり方もすごいし、そりゃ選手は頑張りますよ。人気があってお客さんも来るからさらにやりがいがある。毎日どこかの地上波でホークス戦をやってるし、巨人みたいに日本テレビが熱心にやっているとかじゃなく、どこもホークスをたくさん取り上げてくれる。九州に来てよかったなあって思ったもん。オリックスへの後ろめたさはないですよ(笑い)。

 翌12年は川崎宗則和田毅杉内俊哉の主力3人が抜けたからしんどかったですね。今宮健太が出てきたり、何とか優勝争いはしたけど連覇を逃して3位。そしてその年の10月8日、最終戦のオリックス戦で悔しい出来事がありました。その日は小久保裕紀の引退試合で誕生日。なんとか花道を飾らせてあげたいとみんなが思っていたのに…。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク