巨人OB・川相昌弘氏は虎に何をもたらす? 来年2月の阪神キャンプで臨時コーチ

【赤坂英一 赤ペン!!】巨人OB・川相昌弘氏が、来年2月の阪神キャンプで臨時コーチをすることになった。

 守備と犠打の指導者としては申し分ない。現役時代には533個の犠打世界記録を樹立し、ショートでゴールデン・グラブ賞を6回受賞。引退後は巨人と中日で二、三軍の監督から一軍のヘッドコーチや監督代行まであらゆる経験を積んでいる。

 阪神はチーム失策数が今年85個、昨年102個、一昨年89個と3年連続リーグ最悪を記録。久慈、藤本、筒井ら一軍守備コーチが留任した中で、新たな指導者の招聘を望む声も上がっていた。

 そこへ、ライバル巨人の川相氏がやってくる。唐突な人事のようにも感じられるが、その川相氏をかねて高く評価していたのが、阪神の元監督で、現在TA(テクニカルアドバイザー)を務めている和田豊氏だ。

 和田TAは川相氏の2歳年上の同世代で、現役時代は二塁でゴールデン・グラブ賞を3回受賞し、川相氏と同じ堅実な守備と犠打で知られていた。1988年の56犠打は当時の日本記録であり、川相氏が91年に66犠打で抜いたという縁もある。

 現役時代には、試合前のグラウンドで川相氏と和田TAが親しく会話をしている光景をよく見かけた。和田TAは昨年、二軍で臨時コーチをしており、来春はぜひ川相氏と“指導者タッグ”を組んでほしいところ。

 さて、川相氏が阪神の選手に何をどう教えるのか。興味のあるファンは、最近出版された川相氏の著書『ベースボールインテリジェンス』(カンゼン)を一読することをお勧めしたい。本書は現役選手と指導者向けの技術論で、大変レベルの高い内容になっている。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク