【ID野球の原点】サインを見抜くブレイザーの千里眼 恐怖の口笛は相手を戦慄させた

【ID野球の原点・シンキングベースボールの内幕(5)】野村克也氏の代名詞とも言えるのが、データを重視した「ID野球」。その原点となったのは南海時代にドン・ブレイザー氏が日本に持ち込んだ「シンキングベースボール」だった。「ブレイザーの陰に市原あり」と呼ばれた側近の市原實氏が、2007年に本紙で明かした内幕を再録――。(全16回、1日2話更新)


 ブレイザーの口笛が大阪球場に響きわたると、南海ベンチに緊張が走る。それが「ウオーニング」(緊急事態発生、警戒せよ)の合図だったからだ。

 ファンの大きな歓声の中にあっても、彼独特の口笛の音はよく通った。たいていは7回以降1点勝負の重要な局面で、攻撃側の南海にヒットエンドランやスクイズのサインが出ている時だ。

 ブレイザーは相手ベンチや捕手の動きなどから「ピッチドアウトのサインが出ている」と察知すると、その瞬間に口笛による「作戦中止」を発動した。ベンチから出ているサインを解読し、捕手の動きをつぶさに観察する。それは百戦錬磨のブレイザーにしてみれば造作もないことだった。

 相手球団のサインを解読するためには、3人いればまず問題はなかった。1人がサインを出す監督、コーチを観察し「左耳、胸、右ひじ、帽子」などと、触った場所をすべて言葉にして伝達する。すべての場所に「帽子=1、右耳=3、右肩=4」などとナンバーを振っておけば分かりやすい。これを2人目が克明にメモを取る。そして3人目はサインを受ける選手を観察し「見ている、まだ見ている…。今、目を切った」とサインが出ていた時間を2人目に教える。そうやってできたメモと実際に起きたプレーと比較するのだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

野村克也のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「野村克也」に関する記事

「野村克也」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「野村克也」の記事

次に読みたい「野村克也」の記事をもっと見る

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク