【ID野球の原点】「オレの帽子とグラブはどこや!」パ制覇を決めた江本の大慌て登板

【ID野球の原点】「オレの帽子とグラブはどこや!」パ制覇を決めた江本の大慌て登板
1973年のプレーオフで阪急を下し、リーグ優勝を決めた南海。野村監督に続いてブレイザーも胴上げされた

【ID野球の原点・シンキングベースボールの内幕(12)】野村克也氏の代名詞とも言えるのが、データを重視した「ID野球」。その原点となったのは南海時代にドン・ブレイザー氏が日本に持ち込んだ「シンキングベースボール」だった。「ブレイザーの陰に市原あり」と呼ばれた側近の市原實氏が、2007年に本紙で明かした内幕を再録――。(全16回、1日2話更新)


 2勝2敗で第5戦に突入した1973年の阪急とのプレーオフは、両軍無得点で迎えた9回表、南海のウィリー・スミス、広瀬叔功に連続本塁打が飛び出した。これで2―0とリードを奪い、残るはアウト3つだけ。さすがに「勝負あり」かと思われた。

 南海のマウンドにはストッパーとして信頼されていた佐藤道郎。このプレーオフでは新たに会得したクイックモーションで阪急の得点源・福本豊の足を封じ込めることに成功するなど、ここまで阪急打線をキッチリ封じていた。そして最終回もポンポンと二死を取り、いよいよあと1人…。西宮球場のベンチ裏には優勝の瞬間に備えて新聞記者が大挙して詰め掛けるなど、すでに押すな押すなの大混乱の状態に陥っていた。

 ところがさすがは王者・阪急だ。土壇場の土壇場で代打に起用された当銀秀崇が右翼席へソロ本塁打を叩き込んで1点差に詰め寄ると、ここで出てくるのはもうあの打者しかいない。西本幸雄監督はゆっくりベンチを出てくると後に代打本塁打の世界記録をマークする、とっておきの切り札・高井保弘の名を審判に告げた。


当時の記事を読む

野村克也のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「野村克也」に関する記事

「野村克也」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「野村克也」の記事

次に読みたい「野村克也」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月2日の野球記事

キーワード一覧

  1. 野村克也 監督

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。