【ID野球の原点】「野球は耳と耳の間でやるスポーツ」ブレイザーの言葉を後世に伝えたい

【ID野球の原点】「野球は耳と耳の間でやるスポーツ」ブレイザーの言葉を後世に伝えたい
1974年、南海の新外国人選手ロン・ロリッチを出迎える筆者(右)
       

【ID野球の原点・シンキングベースボールの内幕(最終回)】野村克也氏の代名詞とも言えるのが、データを重視した「ID野球」。その原点となったのは南海時代にドン・ブレイザー氏が日本に持ち込んだ「シンキングベースボール」だった。「ブレイザーの陰に市原あり」と呼ばれた側近の市原實氏が、2007年に本紙で明かした内幕を再録――。(全16回、1日2話更新)


 1980年のシーズン途中に阪神を退団したブレイザーは翌81年、南海の監督に就任。だが、その手腕を存分に発揮することはできなかった。3年契約を結んだ2年目のシーズン中に不整脈が出てしまい、82年のシーズン終了後、米国へ帰ることになった。

「ムースともう1回やれたらよかったのにな…」。ブレイザーは別れ際、私にそう言った。77年までに野村克也とともに築き上げた南海の頭脳野球は、2人が退団した後の3年の間に失われていった。江夏豊、柏原純一らの主力はチームを去っており、最大の理解者であり投手陣をリードで支えた野村ももういない。ブレイザーは土台作りを任された中、志半ばにして帰国していった。

 だが、選手、指導者として、16年もの長きにわたって日本球界にかかわってきたブレイザーが残してくれた財産は大きかった。シンキングベースボールは多くの野球人に影響を与え、この連載などで私が触れてきた戦略の一部は、将来の日本球界を担う少年たちにも生かせる部分が多いハズだ。

 野球は体格だけのスポーツではない。体が小さく、足が遅い少年でも頭を使った野球を教えてあげることで野球が楽しくなる。野球には様々な作戦があり、そんな相手の作戦や配球を読み、投手を研究する。指導者が選手の方向性、どんなタイプになったらいいかを適切に助言してあげることができれば「これくらいなら自分にもできそうだ」と興味を持って取り組むことができる。結果が出れば野球がさらに楽しくなるだろう。


当時の記事を読む

野村克也のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「野村克也」に関する記事

「野村克也」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「野村克也」の記事

次に読みたい「野村克也」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月4日の野球記事

キーワード一覧

  1. 野村克也 監督

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。