巨人・杉内投手コーチが指導理念熱弁「結果を残せばそのフォームが正解」

 来季から巨人の一軍投手コーチを務める杉内俊哉コーチ(40)が20日、今年7月の豪雨で甚大な被害を受けた熊本・人吉市を慰問した。元チームメートで松坂世代の盟友・和田毅投手(39)と球磨川流域の被災現場を視察し、地元小学校では課外授業も行った。

 小学生を対象にした野球教室では、杉内流の指導理念を披露。「フォームがどうのこうのというような指導はしていません。逆にフォームに正解はない。結果を残せば、そのフォームが正解。型にはめるようなことはしたくない。その子の特徴にあったものをですね」と、優しいまなざしを向けた。

「夢」をテーマにした課外授業では「打倒ホークス」を掲げた。チームは2年連続でソフトバンクを相手に日本シリーズ屈辱の4連敗。子供たちに目標を定めることの大切さを説き「一本道ではいかない。回り道もする。うまくいかなくても下を向かず、上を向いていこう」と語りかけた。

「和田投手のような投手を育てたい」。伝説の巨人V9監督である川上哲治氏の生誕の地で誓った盟主復権。型にはまらない男が、G党をワクワクさせてくれそうだ。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク