【プロレス蔵出し写真館】32年前 急死を疑われた〝入れ墨獣〟クラッシャー・バンバン・ビガロ

【プロレス蔵出し写真館】32年前  急死を疑われた〝入れ墨獣〟クラッシャー・バンバン・ビガロ
大阪でのベイダー戦で負った抜糸前の傷痕を見せるビガロ(1988年9月10日、大分・日田市)

 天下御免の向こう傷――「旗本退屈男」の主人公・早乙女主水之介を地で行ったのが、新日プロレスの常連外国人レスラーだった〝入れ墨獣〟クラッシャー・バンバン・ビガロ。

 頭部全体に彫られた刺青がトレードマークだったビガロの前頭部に、勲章ともいえる傷痕がくっきり残っていた(写真)。

 これは今から32年前の1988年9月5日、大阪府立体育会館で行われたビッグバン・ベイダーとの2度目のシングルマッチで負った傷だ。鉄柱2連発とマイクの攻撃で大流血したビガロは試合後、大阪市内の病院へ直行。15針を縫う重傷で全治3週間と診断された。

 1週間後の12日に行われる福岡国際センターでベイダーとの再々戦が決まったビガロは、対決を2日後に控えた10日、大分・日田玖珠地域産業振興センターでの試合前に本紙カメラマンを呼び止め「この傷を撮れ!」とばかりに、抜糸前の生々しい傷痕を指さした。

 ところで、このシリーズのビガロは来日早々、新日本のスタッフに急死(あるいは変死)を疑われるちょっとした騒動を起こしていた。

 それは――

 3日の夕方に来日する予定だったビガロは、飛行機が大幅に遅れたため、成田空港に到着したのが翌朝の6時になった。外国人レスラーの常宿だった東京・西新宿の京王プラザホテルにチェックインしたのは8時ごろ。16時から宣伝用のスタジオ撮影が予定されていたのだが、16時半を過ぎてもビガロはロビーに降りて来なかった。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「プロレス」に関する記事

「プロレス」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「プロレス」の記事

次に読みたい「プロレス」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月27日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。