三原舞依 会心演技で3位発進 フリーでは「みなさんを森の世界に」フィギュア全日本

 フィギュアスケートの全日本選手権は25日、長野・ビッグハットで開幕。女子ショートプログラム(SP)が行われ、2017年四大陸選手権覇者で2年ぶりに出場した三原舞依(21=シスメックス)が、好演技を見せ69・55点で3位につけた。

 演技を終えると、力強いガッツポーズが飛び出した。「イッツ・マジック」の優雅な曲に合わせ、しっとりと演技した三原。冒頭の3回転ルッツ―3回転トーループを含む、すべてのジャンプを成功させた。

 体調不良で休養した昨年、テレビで観戦していた舞台に再び立った。「6分間練習に入る前までは緊張していたのに、氷に乗ってからは緊張がぱーっと飛んでいっちゃった。始まる前から泣きそうだったが、最後まで楽しく練習してきたことを出せたかなと思う」と笑顔を見せた。

 フリーでは「フェアリー・オブ・ザ・フォレスト」を演じる。「先生から『まだ半分しか終わっていない』と言われ、その通りだと思う。フリーはフェアリー(妖精)になりきって、みなさんを森の世界に連れていける演技をしたい」と意気込んだ。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

三原舞依のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「三原舞依」に関する記事

「三原舞依」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「三原舞依」の記事

次に読みたい「三原舞依」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク