高木美帆がスピードスケート女子1000メートル優勝 見事3冠を達成

記事まとめ

  • スピードスケートの全日本選手権にて、高木美帆が女子1000メートルで優勝。
  • 好タイムだったが1分14秒の壁を越えられなかった悔しさをにじませた。
  • 500メートル、3000メートルにに次ぐVで、見事3冠を達成。

【スピードスケート】高木美帆が女子1000メートル優勝で3冠を達成

【スピードスケート】高木美帆が女子1000メートル優勝で3冠を達成
女子1000メートルで優勝し、メダルを手に笑顔を見せる高木美帆(代表撮影)

 スピードスケートの全日本選手権2日目(29日、北海道・明治北海道十勝オーバル)、女子の1000メートルでは、平昌五輪で金、銀、銅メダルを獲得した高木美帆(26=日体大職)が1分14秒02で優勝した。2位は1分15秒90で山田梨央(23=直富商事)、3位は1分16秒26で高木菜那(28=日本電産サンキョー)だった。平昌五輪500メートル金メダルの小平奈緒(34=相沢病院)は1分16秒34で4位に終わった。

 ゴール直後、思わず「あーっ」と低い声が漏れた。リンクレコードを更新する好タイムだったが「体の調子や昨日の結果から見ると(1分)13秒が出ていてもおかしくないかなと感じていた。(1分)14秒の壁を越えられなかった。滑っていても思い当たる節があったので、そういった反省点も込み上げてきた」と悔しさをにじませた。

 とはいえ、28日の500メートル、3000メートルに次ぐVで、見事3冠を達成。前人未到の5冠も視界に入ってきた。30日の1500メートル、5000メートルの出場については「この感じなら大丈夫だと思う」と明かした上で「まずは1500メートルでしっかりと(力を)出すことが自分の中で、5冠以上に大事にしている部分でもあるので、一つひとつ課題を越えていきたい」と決意を述べた。

 完全制覇へ、スピードスケート界の歴史に新たな1ページを刻むことはできるか――。

当時の記事を読む

高木美帆のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高木美帆」に関する記事

「高木美帆」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高木美帆」の記事

次に読みたい「高木美帆」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月29日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 高木美帆 五輪

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。