【スピードスケート】「余計なプライドは持たない」五輪女王・小平奈緒はマイペースで復活へ

【スピードスケート】「余計なプライドは持たない」五輪女王・小平奈緒はマイペースで復活へ
女子1000メートルで4位に終わった小平奈緒(代表撮影)
       

 平昌五輪スピードスケート女子500メートル金メダルの小平奈緒(34=相沢病院)が静かに闘志を燃やしている。

 全日本選手権(29日、北海道・明治北海道十勝オーバル)の女子1000メートルでは、リンクレコードで優勝した高木美帆(26=日体大職)に2秒32差を付けられ、4位に沈んだ。

 今季は、12月上旬からフォームの改造に取り組んできたものの、28日の500メートルでも2位に終わるなど、結果は振るわず。大会中には「3週間では足りなかった」と語る場面も見られたが、この日は「思った以上に力が入らない。氷を捉えられず、本来の体の深いところで力が入っていない」ときっぱり。冷静に自己分析をしながらも、言葉の節々からは悔しさがにじみ出ていた。

 当然周囲から心配の声も漏れているが「余計なプライドは持たないで、ひたすら目の前にあることをしっかり自分のものにしていければ」と力を込める。

 直近の目標は、全日本選抜競技会長野大会(来年2月、長野・エムウェーブ)での完全復活。「やり残しがないようにやりつくしたい」と意気込む女王に迷いはない。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月29日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。