【スピードスケート】平昌五輪2冠の高木菜那は不満顔「本当にひどすぎて…」 

【スピードスケート】平昌五輪2冠の高木菜那は不満顔「本当にひどすぎて…」 
女子1500メートルで3位となり、メダルを手にする高木菜那(代表撮影)

 スピードスケートの全日本選手権最終日(30日、北海道・明治北海道十勝オーバル)、平昌五輪で2冠を達成した高木菜那(28=日本電産サンキョー)は、思わず悔しさをにじませた。

 午前中に行われた1500メートルは「リラックスして入った割に、結構いい感じのスピードで入れた」というが、後半で思うようにタイムを伸ばすことができず、1分57秒23で3位に終わった。

 レース後には「もう少しずつラップタイムが速くないと1500メートルは戦えてこない。1500メートルは一番力を抜いていける距離だが、まだパワーでいっちゃっている感じがある。今のこの滑りでこのタイムってことは、まだまだ伸びる可能性があると思うので、諦めずにそこを見つけていきたい」と顔をしかめた。

 また、5000メートルでは7分31秒40で9位に沈み「本当にひどすぎて、こんなにも長い距離を滑れなくなっているかって。今日は2周で足にきたので、今までで一番長い5000メートルだと思うくらい、つらかった」と唇をかんだ。

 ただ、落ち込んでばかりはいられない。「上には上がいるので、そこに追いつくために、もっともっと今は感覚を鋭くしていきたい」と必死に前を向いた。

当時の記事を読む

高木菜那のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高木菜那」に関する記事

「高木菜那」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高木菜那」の記事

次に読みたい「高木菜那」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月30日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。