【なでしこジャパン】高倉監督が自信の金宣言「W杯優勝の過去にすがらず、新しい時代築く」

【なでしこジャパン】高倉監督が自信の金宣言「W杯優勝の過去にすがらず、新しい時代築く」
なでしこジャパン・高倉監督

 サッカー女子なでしこジャパンの高倉麻子監督(52)が報道各社の合同インタビューに応じ、来夏の東京五輪に向けて意欲を語った。世界を驚かせた2011年ドイツ女子W杯優勝から10年の節目を迎える今年、再び世界制覇を期待される中、指揮官が思い描く〝金メダル〟プランとは――。

 ――五輪に向けてメンバー選考の全体像は

 高倉:ポジションのユーティリティー性を含めて誰がどこで計算できるか、もう一度洗いながら決めていきたい。30~40人の枠の中での選抜になっていく。

 ――今後の予定は

 高倉:1月末に招集し、米国に行く。海外の強豪と(試合が)できるので可能性を感じている選手を使って国際試合で通用するか見るのが大事なポイントになる。月に1回キャンプをやっていくので、そこで(メンバーを)絞り込んでいく。

 ――東京五輪が延期されて心境の変化は

 高倉:日本の戦い方は変わらない。メンバーのところは少し〝絵〟が変わってくる。チームづくりはまた幅が大きくなった。

 ――これまでは「金メダルと」いう言葉がよく出ていたが、あまり聞かれなくなった

 高倉:最近はメダルと言っているが、ひそかには狙っている。金メダルを狙っていることは間違いない。取れるとしか思っていない。

 ――五輪参加国の印象は

 高倉:米国はスタイルも出ているし、戦いもあまり変わっていない。日本のほうは若い選手がU―17、U―20(W杯)で優勝という大きな強みがある。選手も国際大会でひるむことがない。そのへんは期待しながら、今までにプラスアルファして大きな力が日本には加わってくる。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「なでしこジャパン」に関する記事

「なでしこジャパン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月1日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. なでしこジャパン メンバー
  2. なでしこジャパン 監督
  3. なでしこジャパン 試合

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。