【なでしこジャパン】高倉監督が感じたイレブンの変化「明らかに目の色が変わった」

【なでしこジャパン】高倉監督が感じたイレブンの変化「明らかに目の色が変わった」
日本代表・森保監督(左)となでしこジャパン・高倉監督

 サッカー女子のなでしこジャパンを率いる高倉麻子監督(52)が報道各社の合同インタビューに応じ、7月開幕の東京五輪に臨む現在の心境を語った。

 ――新型コロナウイルス禍の中で考え方など変わったことは

 高倉:時間がある中で本を読む時間がすごく多かった。海外のサッカーの指導者やチーム、歴史とか改めて勉強した。どのようにチームづくりに生かしていくか。蓄えたものが少しでもあったと思うので、よりよい形で選手や女子サッカーに落とし込んでいけるようにしたい。

 ――選手たちが代表の自覚を持ってきたと感じる部分は

 高倉:すべての選手に「リーダーシップを発揮してほしい」と言ってきた中で、23、24、25歳くらいの選手たちが代表に入って2、3年たって経験を重ねる中で自分がやっていかなきゃいけないと、プレーだけでなく周りに対して話をしたり余裕が出てきた。選手がチームを動かすようになれば強くなる。自覚と責任が行動に表れるようになってきた。

 ――五輪本番までコンスタントに合宿ができる一方で、秋からWEリーグが開幕するため五輪前にリーグ戦がない

 高倉:月1回、選手を(代表に)呼べる形になっている。時間が少ないのが悩ましいところだが、そういった意味では、いつもより多く選手を呼べてチームとしては完成度が高くなっていく。対外試合やトレーニングマッチも取り入れながら試合を重ねていきたい。試合勘がどうこうというのはあまり気にしない。うまく調整できればと思う。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「なでしこジャパン」に関する記事

「なでしこジャパン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月2日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. なでしこジャパン メンバー
  2. なでしこジャパン 監督
  3. なでしこジャパン 試合

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。