【貴浩西山のキャビらない話】初出場のグランプリ 1号艇の重圧にシビれる

【貴浩西山のキャビらない話】初出場のグランプリ 1号艇の重圧にシビれる
グランプリ最後のサプライズ! 先輩の林恵祐(左)が平和島まで駆けつけ西山は大感激

 あけましておめでとうございます! 西山貴浩でございます。いつもとは違う新年。皆さま、いかがお過ごしですか? ボクは12月28日から1月2日まで、地元・ボートレース若松の年またぎシリーズに出場していたこともあって、お正月気分は全くないですよ(笑い)。

 それにしても、初めて出場した昨年12月のグランプリ。シビれましたぁ~。こんなにシビれたのは人生初です。フグの毒にあたったんじゃないかというくらいシビれました。いやぁ~、楽しかった。あの感覚を一度、味わったら、毎年、絶対にグランプリに行かなきゃいけないという気持ちになりましたね。

 何がシビれたって、やっぱり1号艇ですよ。峰竜太さんに「グランプリ1号艇のプレッシャーはとんでもないぞ。でも、あの緊張感を一度味わったら、今まで感じていたプレッシャーなんて何てことなかったんだと思う。この後、どんな場面になっても、グランプリ1号艇の重圧に比べたらたいしたことないって思えるようになる」って言われていたけど、実際に経験したら、そりゃすごかった。

 今回のグランプリではトライアル2ndの2戦目と3戦目で1号艇でしたが、レース10分前にオッズを見たら、すごい投票数になっていました。「これで負けたらとんでもないことになるな。絶対に負けられない」と…。勝たなきゃいけないけど、フライングも切れない。初めてレース前に吐きましたよ。昨年はGⅠの優勝戦1号艇を2度、経験したけど、あの時とは比較にならないほど緊張しました。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ボートレース」に関する記事

「ボートレース」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ボートレース」の記事

次に読みたい「ボートレース」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月8日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。