広島ドラ3・大道 寮にバレーボールを持ち込んだワケ

広島ドラ3・大道 寮にバレーボールを持ち込んだワケ
拡大する(全1枚)
バレーボールを持つ大道温貴

 広島のドラフト3位・大道温貴投手(21=八戸学院大)が8日、廿日市市内の大野寮に入寮した。すでに春季キャンプでの一軍スタートが内定している右腕は「キャンプの最初から投げ込めるように、体を作れればいい」と抱負を口にした。

 そんな大道が〝必需品〟として持ち込んだのがバレーボールだ。不調のときには「つかみながら投げるのが結構難しい。でもリリースがマッチするとちゃんと伸びる。そこの位置と角度とか力の加減とかを知ることによって野球のボールでリリースをそこに合わせる」と、バレーボールを投げ込むことでリリースポイントをつかみ復調につなげてきたという。

 昨年3月に仲間とバレーボールでドッチボールをしていたときに偶然発見した練習法で取り入れた直後に自己最速の150キロを計測した〝実績〟もある。

「感覚がおかしくなったときは、このボールを投げることで感覚を戻すことができる」と今後も自己流調整でプロの世界に挑むつもりだ。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月8日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。