広島ドラ1・栗林良吏が決意の入寮「自分の腕一本で稼いでいかないと」

広島ドラ1・栗林良吏が決意の入寮「自分の腕一本で稼いでいかないと」
昨年のドラフト会議で佐々岡監督が使用したパスを持参した広島・栗林

 広島のドラフト1位・栗林良吏投手(24=トヨタ自動車)が8日、廿日市市内の大野寮に入寮した。他の新人選手とともに6日に広島入りし、PCR検査で陰性が確認された上で待望のプロ第一歩。かつての大瀬良や森下と同じく出世部屋の104号室に入った右腕は「そういう縁起のいい所をいただいたのは、自分にとって本当にうれしいこと。期待を裏切らないよう頑張りたい」と抱負を口にした。

 順調にいけば開幕前にも妻・沙耶さんが広島に来て二人三脚の生活が始まるが、それまでは離れ離れ。右腕は「奥さんが来た時に気を回せるようにやっていかなきゃいけない。自主トレとキャンプというのは自分の中で本当に大事。しっかり考えて一日一日を無駄にしないようにやっていきたい」と愛妻を安心させるために少しでも早く一本立ちする意気込みだ。

 余計なものは持ち込んでいない。「必要最低限というか、遠征に行く感じくらいしか持ってきていない」と持参したのは佐々岡監督からもらったサイン入りのドラフト会議入場パスや黒田博樹氏の著書などごくわずか。思い出の品は妻に預けてくるなどとにかく野球だけに集中するつもりだ。

 午後からの新人研修では侍ジャパン・投手コーチの建山義紀氏による講義をオンラインで受け「野球に必要ないことはしないというのは大事。社会人なら作業もあり、最悪野球がダメでも会社にいれるという状況だった。プロになったら自分の腕一本で稼いでいかないといけない」と気持ちを新たにした栗林。不退転の決意でプロの道を歩み出す。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月8日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。