交流目的のはずが… 東京五輪ホストタウンがコロナ禍で直面する皮肉な現状

交流目的のはずが… 東京五輪ホストタウンがコロナ禍で直面する皮肉な現状
積極的にアピールしたが…

 新型コロナウイルス禍で東京五輪開催に黄信号がともる中、海外選手団を受け入れるホストタウンにも逆風が吹いている。今大会は地域活性化と国際交流を目的に全国510自治体がホストタウンとして登録されているが、コロナ禍によって想定外の作業に追われているのだ。

 岩手・盛岡市はカナダの7人制ラグビー女子、水球チームなどの受け入れ先。事前キャンプでは市民と選手団の握手会やサイン会、子供たちとの触れ合いなどを計画していたが、コロナ禍で全て消滅した。そればかりか昨年12月中旬に国から示された方針に基づき、安全な形で受け入れるマニュアルの作成が義務付けられた。盛岡市の担当者は「空港と市内の移動、ホテルの食事、一般市民と接触しないで練習する方法など詳細を決め、カナダ側と合意しないといけない」と四苦八苦する。

 昨年3月、カナダ側は東京五輪に選手団を派遣しない方針を決定。延期によって再び派遣を決めたが、その経緯があるだけに盛岡市も神経質になるのは当然だ。カナダ・ビクトリア市とは35年間も姉妹都市として信頼関係を築いてきたため「市民から表立った拒否反応はない」(同市担当者)というが、他の自治体ではすでに摩擦も起きている。あるホストタウンでは海外選手が来ることを怖がる地元住民、来日を不安視する海外選手団の〝板挟み〟状態だという。

 もともと「交流」を目的に始めた事業。橋本聖子五輪相(56)も積極的にアピールしてきたが、今はいかに接触しないかに苦慮するとは、何とも皮肉な話だ。
     

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月10日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。