もう聞けない「ビッグフライ、オオタニサン!!」 名物中継アナが辞職発表

もう聞けない「ビッグフライ、オオタニサン!!」 名物中継アナが辞職発表
拡大する(全1枚)
大谷翔平

【ロサンゼルス9日(日本時間10日)=青池奈津子】エンゼルス大谷翔平投手(26)が本塁打を放った時の「ビッグフライ、オオタニサン!!」の名フレーズで日本でも知られる米Foxスポーツウエストのアナウンサー、ビクター・ロハス氏(52)が辞職したことを自身のツイッターで発表した。エンゼルス公式サイトなどが速報した。

 同局で11年間エンゼルス戦の実況を担当してきたロハス氏は「20年前の1月に大リーグのアナウンサーになる夢を抱いて妻キムとニュージャージー州へ向かったところから始まり、とても楽しい日々を過ごさせてもらいました。2021年も戻るつもりでいましたが、中継ブースから離れ、テキサスにいる家族と過ごす時が来たのだと。新しく始めたアパレルビジネスを成長させ、初孫の誕生を待ちながら新しい道へと進む時だと感じました」と長文を投稿。球団やファンらへ感謝と別れを告げた。

 ロハス氏は二塁手として5度オールスター戦に選出され、1988年にエンゼルスの監督を務めたクッキー・ロハス氏の息子で、エンゼルスマイナーで投手としてプレー、マーリンズでコーチを経験している。03年にダイヤモンドバックステレビとラジオでキャスターとしてのキャリアをスタート。レンジャーズ、MLBネットワークを経て、10年からエンゼルスの実況担当アナウンサーに就任。サミー・ソーサの600本塁打、大谷が日本人初のサイクル安打を達成した試合でも実況を担当していた。

 このオフにはエンゼルスの新GMに立候補したり、19年に家族で野球関連のアパレルブランド「ビッグ・フライ・ギア」を立ち上げており、20年はコロナ禍でも1500件近い注文があったという。

 ロハス氏の決まり文句としてはエンゼルス勝利後の「ライト・ザット・ベイビー・アップ!」やサヨナラ勝ち後の「ドライブ・ホーム・セイフリー!」なども有名。

 大谷が二刀流の完全復活を期す今季、豪快なアーチとともに「ビッグフライ・オオタニサン!!」を耳にすることができないのは寂しい…。

当時の記事を読む

大谷翔平のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大谷翔平」に関する記事

「大谷翔平」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大谷翔平」の記事

次に読みたい「大谷翔平」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月10日の野球記事

キーワード一覧

  1. 大谷翔平 年俸
  2. 大谷翔平 手術
  3. 大谷翔平 現地メディア

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。