【高校サッカー】青森山田は無念の準V 藤原主将「結果が出なければ何も意味がない」

【高校サッカー】青森山田は無念の準V 藤原主将「結果が出なければ何も意味がない」
青森山田イレブン(高体連記録部提供)

 J1浦和への入団が内定している青森山田(青森)のDF藤原優大主将(3年)が悔しさをにじませた。

 全国高校サッカー選手権で2大会ぶり3度目の優勝を狙った青森山田は、決勝(11日、埼スタ)で山梨学院(山梨)に2―2で迎えたPK戦の末、2―4で敗戦。2大会連続の準優勝に終わった。

「今までの集大成と言えるすばらしいゲームをしたい」。前回大会の決勝では、静岡学園(静岡)に2―3とまさかの逆転負けを喫した。当時2年生ながら先発出場していた藤原は〝今回こそ〟との思いで運命の一戦に挑んだものの、山梨学院の長谷川大監督がセンターバック(CB)の藤原にマンマークを付け、攻守の起点を潰した。1得点を決めたが「去年に悔しい思いをしてから1年こだわってきたつもりだったが、それは『つもり』だった。結果が出なければ何も意味がない」と顔をしかめた。

 チームとしても再三チャンスを作りながらも、決定機を生かせず「準決勝でいい試合ができたけれど、決勝ではラインが下がってしまってコンパクトにできなかった。青森山田のサッカーができずに延長まで行ったが、たくさんチャンスがあった中で決め切れなかった」と唇をかんだ。

 それでも、今後に向けては「もう一回りも二回りも成長しないと、上では活躍できない。自分に厳しく成長を促していきたい」と力強く宣言。負けを糧に、プロの舞台でさらなるレベルアップを目指す

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月11日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。