引退翻意のSB吉住 新たな投球フォームで〝ダルへの恩返し〟誓う

引退翻意のSB吉住 新たな投球フォームで〝ダルへの恩返し〟誓う
吉住(中央)は育成練習を終え、取材対応した
       

 今季から育成で再出発となった2017年のドラフト1位・ソフトバンクの吉住晴斗投手(20)が13日、筑後のファーム施設で育成練習に参加。〝ダルへの恩返し〟を誓った。

 昨年末に戦力外通告され、球団から育成契約の打診を受けたが「3年間で今年が一番しんどかった」と引退することをほぼ決めていた。

 そんな時に先輩の石川柊太投手(29)を通じてLINEをくれたのが面識もなかったパドレスのダルビッシュ有投手(34)。やり取りを続ける中で「もったいないんじゃないの?」とかけられた言葉に心が動き引退を翻意した。

 現役続行の決断を機に心機一転。横手投げに挑戦することも決めた。

 ダルビッシュからは、その後もLINEでトレーニング方法やサプリメントの知識、変化球の感覚にいたるまでアドバイスを受けている。もちろん、これには感謝しきりで「刺激はめちゃくちゃあります。一軍で投げるというのが一番の恩返しになると思う」と目標を掲げた。

 ドラ1として期待されながらも3年間一軍登板はなし。二軍でも目立った成績は残せなかった。ボールが指にかからず「投げるのが嫌な時期もあった」と振り返る。

 ただ今は違う。新たな投球フォームを確立するため、試行錯誤しながらも懸命に前を向いている。「今は去年のシーズン中より気持ちが入ってます。前より気持ちよく投げられている」と晴れやかな表情を浮かべた。

 ダルビッシュへの感謝の思いを胸に――。再び支配下昇格を勝ち取り一軍マウンドに立つ。

あわせて読みたい

ダルビッシュ有のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ダルビッシュ有」に関する記事

「ダルビッシュ有」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ダルビッシュ有」の記事

次に読みたい「ダルビッシュ有」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月13日の野球記事

キーワード一覧

  1. ダルビッシュ有 twitter
  2. ダルビッシュ有 山本聖子
  3. ダルビッシュ有 手術

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。