【昭和ロックを語る時が来た!】エディ潘 本牧の米軍基地にジェームズ・ブラウンも来たよ

【昭和ロックを語る時が来た!】エディ潘 本牧の米軍基地にジェームズ・ブラウンも来たよ
レジェンドとの対談にユカイもテンションMAX(顔写真はジェームズ・ブラウン)

【ダイアモンド☆ユカイ 昭和ロックを語る時が来た!:エディ潘編】「レッド・ウォーリアーズ」のボーカル、ダイアモンド☆ユカイ(58)が、ゲストを招いて昭和の日本に巻き起こったロックムーブメントをひもとく。今回からは伝説のバンド「ザ・ゴールデン・カップス」のギタリストだったエディ藩(73)が登場。日本にロックが浸透し始めた1960年代、横浜で何が起こっていたのかを聞く。会場は同バンドを生んだ横浜・本牧の「ゴールデンカップ」。カップスは優れた演奏技術をどう身につけた? あのころ、ロック好きが横浜を目指したのはなぜ? デビュー前の矢沢永吉はなぜ横浜を拠点にした?

 ユカイ エディさんといえば、俺もカバーした「横浜ホンキー・トンク・ブルース」が有名です。作詞は俳優の藤竜也さん、作曲がエディさん。松田優作さんや原田芳雄さん、石橋凌さん、宇崎竜童さんといった名だたる俳優、歌手がカバーし、エディさんは松田さんのツアーにもギタリストとして参加していました。松田さんとの話は後で聞くとして、まずはゴールデン・カップスとしてデビューしたころの横浜のことを聞かせてください。キャシー中島さんとの対談では、当時の横浜、中でもここ本牧が日本のロックの拡散拠点だったという話でした。

 エディ あのころ、1960年代は、この本牧辺り全体がアメリカそのものだったよ。麦田町のトンネルの向こうとこっちじゃ、空気のにおいも違ったね。思い出すのはガソリンとコカ・コーラが混じったようなにおい。ここにあった米軍基地は他とちょっと違って、パスなしで俺たちも入れたんだよ。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月17日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。