【ソニーOP】松山英樹4アンダー4差23位発進「アイアンは改善された」

【ソニーOP】松山英樹4アンダー4差23位発進「アイアンは改善された」
一つずつプレーを改善できつつある松山(ロイター=USA TODAY)
       

【ハワイ州ホノルル14日(日本時間15日)発】米男子ゴルフツアー「ソニー・オープン」初日(ワイアラエCC=パー70)、松山英樹(28=LEXUS)は5バーディー、1ボギーの66で首位と4打差の4アンダーで23位だった。5番パー4をボギーとしたものの、その後は正確なショットでチャンスをつくりスコアを伸ばした。

 ホールアウト後、不満顔の松山は「ティーショットとグリーン上は、どうしたらいいのかわからない状況。アイアンは改善されたので、あとはティーショットとパターだけかな」とコメント。

 それでもパットが入っていたことを指摘されると「そこは結果論なんで。気持ちよくストロークできていない。入ってくれたけど、まだまだ時間がかかる」と分析した。

 木下稜介(29=ハートランド)は1イーグル、3バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの68で2アンダーの55位、小平智(31=Admiral)と香妻陣一朗(26)は1アンダーとし、72位。金谷拓実(22=東北福祉大)と石川遼(29=CASIO)はともに3バーディー、3ボギーのイーブンパーの99位と出遅れた。

 首位はホアキン・ニーマン(22=チリ)ら3人が8アンダーで並んだ。

当時の記事を読む

松山英樹のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「松山英樹」に関する記事

「松山英樹」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「松山英樹」の記事

次に読みたい「松山英樹」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月15日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。