【卓球】全日本選手権 丹羽が準々決勝敗退 中国製ラバー試すも「まだまだ腕が足りない」

【卓球】全日本選手権 丹羽が準々決勝敗退 中国製ラバー試すも「まだまだ腕が足りない」
準々決勝で敗退した丹羽孝希
       

 卓球の全日本選手権第6日(16日、丸善インテックアリーナ大阪)、男子シングルス準々決勝は東京五輪代表の丹羽孝希(26=スヴェンソン)が、田中佑汰(20=愛工大)に2―4(11―9、5―11、9―11、13―11、9―11、7―11)で敗れた。

 丹羽は2―2で迎えた第5ゲームを落としたことを敗因に挙げ、相手については「バックハンドが強烈で、そこで得点を結構取られていた。こちらが攻めても守備の技術がうまく、大事なポイントで相手が返してきたので粘りが足りなかったかな」と淡々と振り返った。

 例年と異なり、国際大会がほとんどなかったことから今大会に向けて、年始は元日から始動。準備期間を確保し、調整には自信があったという。また、今年からラケットのバック面を中国製の粘着ラバーに一新。「相手の回転に負けない強さがあるので、僕の苦手なチキータ処理だったり、突っつきの下回転のボールをラバーを変えて強化しようと思った」と意図を明かした。

 しかし、試合を通して収穫はありながらも「まだまだ自分の腕が足りないなと思った」と実力不足を痛感。3年連続で〝準々決勝の壁〟を越えることができなかった。

 卓球界ではベテランの域に入りつつある丹羽は「年々若い選手が上位に食い込んでくる。バックハンドが強烈だったり、レシーブからチキータといった思い切ったプレーをしてくるので、なかなか自分の展開にならないので、そういうのは課題」と話す。

 それでも「今年は始まったばかりなので、いい成績を残せるように頑張っていきたい」と前を向いた。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「卓球」に関する記事

「卓球」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「卓球」の記事

次に読みたい「卓球」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月16日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 卓球 W杯
  2. 卓球 世界卓球
  3. 卓球 女子

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。