【ソニーOP】パットに苦戦の松山英樹は5打差13位に後退

【ソニーOP】パットに苦戦の松山英樹は5打差13位に後退
パットに苦しんだ松山は13位に後退(ロイター=USA TODAY)

【ハワイ州ホノルル16日(日本時間17日)発】米ツアー「ソニー・オープン」3日目(ワイアラエCC=パー70)、7位から出た松山英樹(28=LEXUS)は66とスコアを伸ばしたものの、首位と5打差の13アンダー、13位に後退した。61で回ったブレンダン・スティール(37=米国)が18アンダーで首位に立った。

 3打差を追ってスタートした松山は5番でボギー先行も、9番パー5では4メートルを沈めて、前日に続いてのイーグル。後半は16番パー4でグリーン右のバンカーからチップインを決めるなど、3バーディー、ノーボギーとスコアを伸ばした。
 とはいえ、この日は61が2人、63が3人など、ビッグスコアが続出。3メートル前後のバーディーチャンスを逃し続けた松山は順位を落としてのフィニッシュとなった。

 2日目の後半から一転、再び決まらなかったパッティングについては「先週から今週の2日目の前半までと違って、しっかり打てていて入らないだけ」と自己評価。ショットは好調なだけに「入ってくれれば、10アンダーぐらい出そう」と最終日の猛チャージを予感させる言葉を口にした。

 小平智(31=Admiral)が6アンダーの60位、木下稜介(29=ハートランド)は5アンダーの66位となった。

当時の記事を読む

松山英樹のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「松山英樹」に関する記事

「松山英樹」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「松山英樹」の記事

次に読みたい「松山英樹」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月17日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。